0chanの日記

残高4,000円からの奇跡の物語

芝生に寝転んで空を見上げたい

ささやかな願いを叶えてきた。

『芝生に寝転んで空を見上げたい』



寝転んだのは芝生じゃないし

見上げる先は木の葉っぱやし



それでも、とても気持ち良かった。



木陰に吹く風がとても気持ち良かった。

周囲の音も心地良かった。

いつまでもここに居たいと思った。



自然があり

大好きな人が居て

それだけで満たされた。



腹立っても、顔も見たくないって思っても

やっぱり会えると嬉しい



なんや、やっぱり大好きなんやん



もう、降参\(^o^)/




数十分後には、もう暑いから帰ろーになったけどね。

気持ち良かったのも本当やし
家でゴロゴロしたいのも本当

どっちも、わたしがその時欲しかったもの